Towa

Takaya

PHOTO : Natsumi Taniguchi

Biography
 

高屋永遠  Towa Takaya
美術家・why not 運営

1992年生まれ

 

現在、東京を拠点に制作。2011年に渡英、ロンドン芸術大学セントラル・セントマーティンズを経て、ロンドン大学ゴールドスミス カレッジで芸術学を専攻。ジェンダー論に関心を寄せ、都市空間における価値観の生産と個人の均一化への抵抗を取り上げたことを機に、 言語による意味の生産やその原理に興味を持つ。制作を通しては、モチーフの解体を繰り返すことでイメージの担う意味伝達の役割を、’ 言語が意味をなさなくなる臨界点まで押し広げる。流麗な線と神秘的な色彩が特徴的な絵画群は、空間、時間、存在についての領域横断的な 考察に基づき制作され、現象学的な出逢いを可能にする空間を生成する。作品の経験として、鑑賞者に現象学的な時間と空間の開示に身を預けることを要求し、共に空間へと入り込むよう促す。 また、日常の延長線上にアートに触れられる場の実践として、2019年11月に目黒区祐天寺・昭和通り商店街にwhy not ?をオープン。作家として活動しながら、国内外の作家達と協働したコミュニティーアートギャラリーを運営。

【学歴】
2015 年 ロンドン大学 ゴールドスミスカレッジ 芸術学士 修了

2012 年 ロンドン芸術大学 セントラル・セントマーティンズ ファンデーションディプロマ修了
2010年 慶應義塾大学経済学部 入学(進路変更のため中途退学)

【主な活動歴】
2020 年 Things may or may not be useful but beautiful / MONKEY GALLERY 東京
2019年 Audacity Project / ジュロン シンガポール
2019 年 Arcus Pride Art Exhibiton / Clifford Chance International Law firm Tokyo, 東京
2019 年 ART FAIR TOKYO 2019 小林画廊  / 東京国際フォーラム, 東京
2018 年 Smile of Flowers 小林画廊, 東京
2017 年 Adobe MAX Japan - Blue Art Bush , パシフィコ横浜
2016 年 Enter 東京藝術大学音楽学部大学会館展示室, 東京
2016 年 On The Threshold II : Formal Presence / オリエンタル博物館 ダラム イギリス
2015 年 On The Threshold / オリエンタル博物館-ダラム大学、帝京大学 ダラム イギリス
2014 年 LAW TALENT 2014,/ Dalston Depertment, ロンドン、イギリス
2012年 アート亀山トリエンナーレ/ 三重県亀山市商店街
2010 年 Infomani 2010年代を巡る表現 慶応義塾大学来往舎ギャラリー、神奈川
2009年 第83回国展/ 新国立美術館, 東京

【キュレーション】
2020 年 伊藤有沙個展 INTERWOVEN why not, 東京
2010 年 Infomani 2010年代を巡る表現 慶応義塾大学来往舎ギャラリー、神奈川

【WEBSITE】
http://www.towatakaya.net

Selected Works
 

Gallery 

〒153-0053 東京都目黒区五本木2-13-2 1F

営業日: 木曜日〜日曜日、祝日  13:00 - 19:00 

予約制営業日: 水曜日 13:00 - 19:00 

休廊日:月、火曜日

*作品鑑賞のご予約は、下記メールアドレスまたは各種SNSよりお問い合わせ下さいませ。

*企画展によっては、営業時間が変更になる場合がございます。

各詳細をご確認ください。

Email: info@compath.city

Office​

営業日:月曜日 - 金曜日

営業時間:11:00 - 19:00 


サムシングニュー

〒153-0053 東京都目黒区五本木1-23-6 103
電話番号: 050-5858-4413  (代表)

Email: info@compath.city

© why not 2020